ブログ

$logo_alt
2016年12月04日

韓国のびわきゅう営業から帰って来て2

金院長の今回の韓国への帰国は今までと大きな違いがあったようです。 それは、家族のびわきゅうへの反応が肯定的となったことです。   今までは、帰ると整体は皆さん率先して受けるのにびわきゅうはお断わりの雰囲気だったそうです。 それはそうでしょう、もぐさの煙が部屋中に充満し匂いが付くので、家庭で気軽にできるものとは言えません。   まず、びわきゅうの良さを昨年日本に来たお母さんが理解しました。 お母さんは病院で処方された腎臓の薬を飲んでおり、何度も夜にトイレに行っていたそうです。 最初は洋服ににおいが付くため嫌がっていたのですが、金院長が透析となったら韓国にいる妹・弟に迷惑が掛かるからと言って半強制的にびわきゅうを当てたそうです。 すると、夜間にトイレに起きることもなくぐっすり眠れたとのこと。 それから、金院長からびわきゅうの当て方を教わり自分からびわきゅうをするようになり、韓国に帰国する時はびわきゅう器具セットを持って帰り、今では腎臓の薬を飲まなくても身体の調子が大変良いようです。   妹さんも、びわきゅうの良さを実感して今では調子が悪い時は病院に行かずにまずびわきゅうを当ててみるそうです。   金院長曰く「最初はびわきゅうについて私が話すと、皆が胡散臭い目で見ていたのよ」 それはそうでしょう、私も話しを聞いただけなら同じ反応をしたでしょう。 金院長は感受性が豊かなので、ちょっとしたことでも感動して話しも大袈裟となりがちですから。 膝が痛くて階段の昇り降りもできない状態だった金院長が、たった1回のびわきゅう施術で1ヶ月も膝の痛みから解放されたのを見て、びわきゅうの良さを理解できたのです。   金院長のように、先入観を持たず何事も試してみることも大切ですね。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2016年12月03日

韓国のびわきゅう営業から帰って来て

金院長が韓国から戻って来て10日程経ちました。 韓国から戻ったばかりの時、「韓国でハードなスケジュールだったにも関わらず、元気で自分でもビックリする。びわきゅうパワーのおかげだ」と言っていた金院長ですが、1週間経過して疲れが出てきたようです。   今週は、びわきゅう施術中に棒もぐさが無くなり、新しいものに入れ換えしたのはよいがもぐさに火を点けるのを忘れたり、びわきゅうの部屋を暖めようと電気ストーブのスイッチを入れたのはよいがコンセントが入っていなかったり、あげくはお客さんにお釣りを返すのを忘れたりと、単に疲れだけから?と思うような失敗を連発したようです。 さすがに、本人も今までは考えられないような失敗をしたため、気にしていました。   韓国では、家族やお客さんにびわきゅう施術をしたり、ソウルのお客さんに1泊2日で会いにいったりと、かなりハードスケジュールだったようです。 ソウルでは、お客さんがとても喜んでくれておいしい食事をご馳走になったりして、金院長もソウルまで行った甲斐があったととても喜んでいました。 ソウルの皆さん、ありがとうございます。 びわきゅうをゆっくりしてあげる時間は無かったようですが、びわきゅうをお腹に当てることの重要性のアドバイス等ができたようで、器具を売った後のフォローの大切さを改めて感じたようです。   今度は、来年の5月のゴールデンウィーク後にでも行こうかなと言っていました。 何か、韓国の家族の協力もあり日本より韓国でびわきゅうのお客さんが多くなってくる予感がします。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2016年11月20日

韓国 びわきゅう営業中

大変忙しい毎日で、ブログの更新も久しぶりです。   現在、金院長が韓国にてびわきゅうの宣伝・営業活動中のため、お店は臨時休業となっております。 本日20日の日曜日は、私が一人でお店を開けました。 金院長指名でお電話頂いたお客さん、すみませんでした。 22日に戻りますので、23日から金院長がお店にいますので、よろしくお願いします。   先程、ラインにて金院長と話しましたところ、本日はソウルにいるそうです。 少し前に韓国から日本まで来てびわきゅうの施術を受け、器具を購入してくれたお客さんに会ってきたそうです。 びわきゅうには大変満足しているそうです。 話しを聞いたところ、お腹にびわきゅうを当てていないことが分って、お腹にびわきゅうを当てることの重要性を説明したと言っていました。 実家のデグからソウルまでわざわざ会いに行った甲斐があったようです。   金院長が韓国から戻りましたら、ゆっくりと話しを聞いてブログで紹介しますので、楽しみに待っていてください。     らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2016年10月09日

草加の整体らくぅ~。がんの話2

前回のブログでは、無憂扇会 東京本部「無憂扇豊海(むゆうせんとよみ)」代表の武藤つや子先生の「がんの話」を紹介いたしました。 今回は、私が読んでとても参考になったがんに関する本を紹介させて頂きます。 それは、近藤誠著「がん放置療法のすすめ」(文春新書)です。   著者の近藤氏はがんの放射線治療の専門家で、本の表紙に「がんを放置した患者さんが一番長生きしています」とあるように、現在のがんの早期発見・早期治療という考え方に疑問を持っています。 読み進めていくうち、世間で常識となっているがんに関する知識がどれだけ不確かなことかに気付かされます。 もちろん、がんの研究が進むにつれて効果的な治療法が見つかるかもしれません。 現時点では、個人的には近藤氏の考えが的を射ているように感じます。 いくつか目に留まった点を箇条書きにしてみます。   ・がんには転移する本物のがんと転移しないがんもどきがある ・がんの性質は途中で変わることはなくがんもどきの場合、放置しても問題ない ・転移する本物のがんは、発見時にはすでに転移している(検査ではまだ発見できない大きさの状態) ・抗がん剤は固形がんには効かなく命を縮める   著者の考えは、基本的にがんの患者さんには治療をせずに様子をみます。(もちろん患者さんの意見・決断を尊重しますので、治療を選択する場合もあるようです) 治療はあくまで生活に支障が出るようになって、生活の質を取り戻すことを主目的として行います。 そうして多くの患者さんを見てきた結果、多くの方は日本の現在のがんの標準治療をするよりも長生きをしかつ通常の生活を続けられる期間が長くなるとのことです。   興味のある方は、是非お読みになってください。 私は、様子を見ると共にびわきゅうを試してみることをお薦めします。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2016年10月05日

草加の整体らくぅ~。がんの話

本日は、荻窪にあります無憂扇会の東京本部「無憂扇豊海(むゆうせんとよみ)」の代表であります武藤つや子先生の「がんの話」をご紹介したいと思います。   武藤先生は、ご自身もがんになられた経験をお持ちの上、びわきゅうの施術者として多くのがん患者さんと接してこられました。 そうした経験をもとに、今月の会報に「がんの話」を投稿されホームページにも全文が紹介されています。 ホームページアドレスは、以下となります。 http://www.muyusen.com/member/member018.html   詳細については全文を読んで頂くこととし、私の感想としては「やはり武藤先生も現在のがん治療に対して同様の疑問を持っているな」と思いました。 私も、がんとなった身近な人の様子を見聞きすることで、現在の日本のがん標準治療については何となくではありますが疑問を抱いていました。 金院長がびわきゅうを習い始め、毎月の勉強会で会われるがんにかかった会員さんのお話しを金院長経由で聞いたり、毎月送られてくる無憂扇会の会報に掲載される体験談を読んで、ますます疑問を抱くようになりました。   そして現在のがん治療に否定的なお医者さんの著書を読んだりした結果、がんとなった場合にどのような治療を受けるかまたは受けないかを最終的に判断するのは自分自身であるということを強く感じました。 その時により良い選択ができるように、常日頃から書籍等からの勉強、実際にがんになった方の体験談を聞いておくことが大変重要であるかと思います。   武藤先生は、「がんの話」の中で以下の著作を紹介されていました。 長尾和宏著 抗がん剤10の「やめどき」 ブックマン社     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B