ブログ

$logo_alt
2021年04月30日

無煙もぐさ

現在はゴールデンウィーク真っ只中です。 当店「らくぅ~。」は、4/26~5/11までお休みを頂いております。 東京都で緊急事態宣言が出されている中、何故そんなに長期間休むのかと疑問でしょう。 金院長が久しぶりに韓国に一時帰国する訳ではありません。 金院長が1週間入院します。そして退院後は1週間程自宅療養するためです。 具体的なことは差し控えますが、経験者からは手術後暫くはとてつもなく痛いとのこと。 他国と比べてこれに苦しむ日本人の割合は高いそうです。   さて、びわきゅうに関して朗報があります。 それは無煙もぐさの提供が始まったことです。 びわきゅう器具を温めるのに、従来のもぐさは煙とにおいが半端なく出ます。 そのため、当店でもびわきゅうをする時は専用の部屋と強力な空気清浄機が欠かせません。 自宅でやっている人の話しを聞きますと窓を全開にしてする、お風呂場でする等、皆さん苦労してらっしゃいます。 無煙もぐさはもぐさを炭化したもので、従来のもぐさに比べると煙りとにおいはほとんどありません。 窓を閉め切ってびわきゅうをしても気にならないレベルです。 炭なので温まるまで少し時間が必要ですが、一度温まってしまえば問題ありません。 炭の遠赤外線効果によるものでしょうか、普通のもぐさより身体の芯まで温まる感じがします。   煙とにおいがなくなることによって、一般の人たちがびわきゅうに親しみ易くなるだけでなく我々施術者の活動の場も広がるようになると思います。 整体院または整骨院にて、現状の設備のままでびわきゅうをすることができます。 私もこれを機にびわきゅうの研修会に参加して認定証を取得しようかと思い始めたところです。 コロナが収まり、びわきゅう研修会が再開されることを祈るばかりです。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2021年03月31日

整体師への道(1)

今日で3月も終わりとなります。3月とは思えない暖かい日が続きます。桜も既に散り始めています。 コロナ感染者の数も下げ止まりで再び増加し始めています。感染対策に気を付けながら経済活動を続けていくしかない状態です。 普段なら別れと新たな出会いの季節となりますが、人との接触を回避しなければならないご時勢のため春にも関わらず心が沈みがちです。   さて、東日本大震災から10年が過ぎました。 私が、整体師への道を歩き始めたのも10年前、東日本大震災があった年となります。 10年という節目に、自分の整体師としての歩みを振り返ってみたいと思います。   整体師を志す前の私はIT業界に身を置いていました。 同じ業界に20年近くになりますと中だるみと言いますか仕事に向き合う姿勢が甘くなってきていました。少し仕事に飽きがきていたのでしょう。   一方、東洋医学の方面には昔から多少の興味を持っていました。ヨガ教室に通ったり、ヨガの2泊3日の合宿に参加したりしていました。カイロプラクティックの1日講習会に参加したこともありました。   そんな時、キム院長と知り合い整体のお店を始めることとなりました。 開業当時は、整体という仕事に興味はありましたが整体師になるというようなことは考えていませんでした。 受付や事務を手伝っている中、キム院長がお客様から感謝されているのを見て「この職業もいいなぁ~」と思い始めました。かと言って40歳過ぎて今から修行して一人前の施術師になるのは「遅過ぎるかなぁ~」と考える自分もありました。 専門学校を調べている中、夜間部を設けている「日本で唯一の指圧専門学校」と謳っている某学校の説明会の知らせが目に留まりました。学園祭の開催中、学校の説明会もするらしく良い機会なので行ってみることにしました。   説明会に行ってみると、若人だけでなく保護者らしき人も少なからず説明会に来ており盛況です。学園際の機会を利用して生徒が自主的に企画したそうで感心しました。生徒による学校の説明等は感心するくらいしっかりしたものでした。しかし途中、大声で話しながら説明会の会場に年配の方が入って来て後ろの席に座りました。どうやら少し酔っているようです。説明会の会場で、どう考えても非常識な行動です。そして司会の方が「1年目に教わる〇〇先生からのお話しを・・・」と紹介され登壇されたのが、なんとその非常識なおっさんでした。登壇して笑いながら「お酒を少し飲んじゃって」と話し始めた内容もお話しにならないぐらいのお粗末なものでした。そんな所に大事な金と時間を使うのは無意味との結論に至ったのは言うまでもありません。   本格的に整体の勉強をすることに踏み込めずにいる中、腰痛持ちのキム院長の腰を揉んだりしながら見様見真似で整体らしきことをしていたある日、久保田理事長がお店の様子を見にいらっしゃいました。その時、キム院長が理事長に私の施術を受けてみてくれないかと頼んだのです。そして施術をし終わった後の「いいじゃない、本格的に習いに来れば!」とのお言葉。 今から思えば多分にお世辞が含まれていたのがわかりますが、その言葉が私の背中を押し「本格的に習ってやってみるか!」と決断させてくれました。 こうして整体師への道に踏み出すこととなったのです。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2021年02月28日

守るための新しいチャレンジ

今日で2021年2月が終わり、明日から3月となります。 1都3県以外は2月中に緊急事態宣言が解除されることとなりました。 当然そうなるだろうとほとんどの方は思っていたでしょう。   「変化するものだけが生き残る」という言葉をよく聞きます。 帝国ホテルが1ヶ月36万円の滞在プランを出してきて話題となりました。 他の一流ホテルも同様なプランを発表しています。 通常ならば一流ブランドを棄損するような事はしないでしょうが、それだけ厳しい見通しを持っているということでしょう。 テレビでも、老舗の飲食店が今まで引き継がれてきた家訓を破って新しいことに挑戦する姿が紹介されていました。   単にお金を儲けるということだけを考えるならば、その時その時の流行を素早く掴んで商売を変化させる事にそれ程の抵抗はないでしょう。 しかし自分の職業にこだわりを持っている、特に職人気質の仕事をしている場合は変化に強い抵抗感を持つことでしょう。 当然、整体という職業は職人肌を持っている人向きの職業です。 しかし、現在は必ずしもそうとは言えなくなってきているようです。 これはその他多くの業界に関して言えることですが、長引くデフレ経済により低価格化の波が押し寄せ、高価格高品質から低価格低品質あるいは低価格中品質に顧客ニーズが変化してきたためでしょう。 そこで高価格のサービスを提供し続ける道か低価格のサービスを提供する道を選ぶのか、あるいはその中間かの選択を迫られます。 もちろん技術革新により低価格高品質を実現できる業界もあります。 しかしこの業界ではマッサージチェアの劇的な進化がない限り難しいでしょう。   さて最初の帝国ホテルの話しに戻りますが、帝国ホテルは一流のサービスを提供する道を捨てて別の道を行くことにしたのでしょうか? 当然そうではなく一流ホテルとして一流のサービスを提供し続けるため、新たなチャレンジをしたということかと思います。 私も最高の施術を提供するというこだわりを守るため、新たなチャレンジをし続けたいと思う今日この頃です。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2021年01月31日

断る勇気

新年、明けましておめでとうございます。 遅くなりましたが、今年最初のブログとなります。   やはり、年明け早々に緊急事態宣言が出されました。前回の広い業種に渡る自粛要請とは違い今回は飲食業を対象としての営業自粛の要請となりました。もちろん補償もありますが、大きい店舗も小さい店舗も一律の補償額というのは理解に苦しみます。小さい店舗なら月の売上げを大きく上回る金額となりますが、大きい店舗だと家賃にもならない金額でしょう。1回目の緊急事態宣言から8ヶ月も経っているのですからもう少し実態に即した対応策を考えてこなかったのかと呆れます。 最近のニュースを見ますと、国内で感染力が強いと見られる外国からの変異株も次々と発見されているようです。海外からの入国者に厳密な2週間隔離も課さないでいた相も変わらずの政府のザル入国管理の付けを、国民がまたもや払わされる予感がします。 今の感染者の減少速度、医療資源の逼迫度から、この緊急事態宣言も延長されるのは間違いなさそうです。   さて先日の日曜日、あるお客さんを施術しました。 当店「らくぅ~。」ではなく、時々お手伝いさせてもらっている新宿のお店でのことです。 初めてのお客さんで、問診して右の首肩の僧帽筋、右のふくらはぎ、胸骨の6~7番目の真上がつらいとのこと。問診中に、おそらく同業者であろうとの感じを持ちました。 右の僧帽筋とふくらはぎは、ほぐせば楽になるので1回の施術である程度の効果を出せるだろうと思いましたが、背骨の真上は押すわけにはいきません。骨格矯正での対応となりますが、師匠から矯正の評価は、小学校で使用されているハンコウでいうところの「もう少しがんばりましょう!」です。そうしたハンコウは今も使われているかわかりませんが。   施術が終わり、お客さんが自分で首肩を回したりしてチェックしています。 首肩とふくらはぎは楽になったようですが、背骨の真上の部分はまだ気になるとのことです。矯正がうまくいったかどうか判断するのに、矯正時のボキボキとなる音があります。これは詰まった骨と骨の間隔がうまく拡がったかの目安となります。仕上げの矯正の時、その音が聞かれなかったのでやはりといったところ、再度矯正を試みましたが上手く症状は改善しませんでした。   するとお客さんは「背骨の上を直接押してほしい」と言います。研修時から「事故につながるので、背骨の上を間違っても押さないよう」にと注意されてきたので、はっきりと事故につながる危険は冒せない旨を伝え「ピンポイントでその部分を矯正してほしければ院長のいる平日にもう一度来てください」と伝えました。表情から不満であることがありありと見えます。しかし事故を起こしたら元も子もありません。   ワクチン接種の朗報も聞かれますが、まだコロナ禍の試練が続くようです。日本政府も多方面からの要望があるかとは思いますが、現状できないことはできないとはっきりと断り国民の生命と財産を守ってほしいものです。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2020年12月31日

大変な年

あと数時間で2020年も終わりとなります。 今年はコロナに始まりコロナに終わる大変な年でした。   年始に中国の武漢から始まったコロナウィルスの感染が、世界的な感染爆発となり今も続いています。 整体業界にも少なからずの影響はありましたが、直撃を受けた飲食店、観光・旅行業界に比べればずっと軽微です。 閉店した飲食店を見たりすると、「コロナがなければ営業を続けていただろうに」と思うことが最近は度々あります。 既に多くの人の生活が壊されており、これからどれだけの人が不幸になっていくのかと思うと、その原因である中国共産党とそれに対して毅然とした態度を取れない日本政府には怒りを感じます。 ましてや、中国からの観光客を呼び戻そう、中国とのビジネスを継続させようなどと考える人間は正気の沙汰とは思えません。   現在の国内の感染拡大の勢いから見ると来年も厳しい状況が暫く続きそうです。 そうした中でも、出来る限りの感染予防策を講じながら経済活動を続行していくしかありません。 来年は、会員となっている「一般社団法人 日本整体施術師協会」の仲間と共に新たな取り組みをしていきたいと思っています。 厳しい経済状況の中でも、新たな目標と希望を持って新年を迎える所存でいます。 短いですが、今年最後のブログとなります。   皆様にとって、来年が良い年となることを祈念しております。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B