ブログ

$logo_alt
2022年07月31日

夏バテ

暑い日が続きますが、皆さんは如何お過ごしでしょうか? 私は暑い夏は苦手です。暑いのでエアコンを使用しますが、エアコンもあまり好きではありません。エアコンを通した空気は何か精気が足りないように感じます。科学的には証明できませんが、スターウォーズで出てくるフォースのようなものが空気中にはありエアコンを通すとそれらが減少するような気がします。   さて、暑い外から冷えた室内に頻繁に出入りすることもあり自立神経が乱れて夏バテとなる季節です。暑いので、冷たいものを取りたくなります。一仕事終えての冷えたビールは最高です。しかし、残念ながら胃腸を冷やすことは夏バテの原因となります。夏を乗り切るためには「疲れを溜めずによく眠りよく食べる」当たり前の事を実践する。それでも夏バテをしてしまいます。   そんな時、私はびわきゅうをお腹に当てます。これが効果的面です。食欲不振、お腹を壊した等の症状があれば直ぐにお腹にびわきゅうを当てます。すると翌日にはお腹の調子が戻ります。そこでまた直ぐに冷たいものを食べ過ぎたり飲み過ぎたりするとまた同じことの繰り返しです。我慢して冷たいものは冷蔵庫から出して暫くしてから飲む、食事も腹八分目にして胃腸に負担をかけないように心掛けます。   そんな感じで今年も暑い夏を乗り越えようと思っています。皆さんも夏バテしないようにして久しぶりの行動制限無しの今年の夏を思い切り楽しんでください。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2022年05月31日

私の考える理想の施術

整体を習い始めて11年近くとなります。11年足らずで「私の考える理想の施術」と題して語るのはおこがましいことを重々承知の上で書かせて頂きます。予めお断りしておきますが、整体師11年目の現時点で私個人が考える理想の施術で、今後様々な施術経験を積んでいくうちに変わっていくかもしれません。 まず整体の目的として1)コリ固まった筋肉をほぐし血行を良くする、2)詰まった骨と骨の間の隙間を作り骨格を緩めて矯正することが挙げられます。東洋医学に「病は瘀血(おけつ)から起きる」との考え方があります。瘀血とは血行不良のことで、血液の流れが悪くなると様々な病気に繋がるということです。押圧・揉み等の手技によりコリ固まった筋肉をほぐすことで血液の流れを良くし、骨格矯正で骨の詰まりを取り除き椎間板や軟骨への負担を減らします。 上記のうちコリ固まった筋肉をほぐして血液の流れを良くすることが最優先であると思われます。コリをきちんとほぐさずに骨格矯正をしてもその場限りのすっきり感はありますが、血行が改善されていないため持続性がありません。そこで固いコリをほぐすためにはどのような施術、手技を行えば良いのかということとなります。 私は「押して捉えて揉む」を各々のコリの状態に対して最適に組み合わせられるかに尽きるかと思います。この3つの動作をそれぞれ説明すると、押すとは押圧の強さによりどれだけ深部のコリまで到達できるかです。捉えるとは筋肉が筋状に固い場合は逃げないように指に引っ掛けるというイメージとなりますでしょうか、鉄板のように固い筋肉の場合はその固い中でも少しでも指が入りやすい箇所、角度を指先で感じてそこに押圧点を集中させるイメージとなります。揉むとは捉えた筋肉を起点として周囲のコリをほぐすこと、つまり点から面にほぐす範囲を広げることとなります。 例えば、全体的に表面までコリ固まっている筋肉に対しては押すという動作に比重が置かれます。押圧を繰り返すことにより少しずつ指が深部に入っていくようになります。そこから少しでも指が入り易い箇所と角度を探ります。少しでもほぐし易い部分に押圧点を集中、つまりコリを捉えて揉む動作に入ります。まだまだ周囲は固くコリ固まっているので大きな揉みの動作はできません。大きく揉もうとしても捉えた筋肉を逃がしていまいます。初めは小さい面ながらも捉えた筋肉を逃がさずにほぐすことで確実に深部のコリがほぐれ、その範囲も広がって行きます。ある程度ほぐれると大きな揉みの動作でも深部のコリを捉えた状態で広範囲にほぐせるようになります。こうして確実に深部のコリをほぐすと共にほぐす範囲を広げていきます。 強く押してはいけない所は当然、捉えて揉む動作の比重が大きくなります。この「押して捉えて揉む」が三位一体となっていかに的確に施術できるかがより良い結果につながります。個々の身体、コリの状態は違います。経験を積みながらそれぞれの症状に最適な「押して捉えて揉む」動作を見極めて施術する必要があります。 私の施術が上手くいったとの判断基準は、施術直後のお客様の感想も大切ですが翌日、翌々日にお客様がどのように感じたかです。きちんと深部のコリがほぐせていれば翌日、翌々日により爽快感を感じます。コリ固まった筋肉をほぐすためには強く押し必要があります。固い所を強く押すのですから施術中は多少の痛みを感じます。施術直後は筋肉に多少の炎症は残ります。「副作用のない薬はない」との言葉がありますが、深部のコリをほぐすための避けられない副作用といったところでしょうか。その副作用をできるだけ小さなものとしてお客様から翌日、翌々日により楽になったとの感想を頂く、それが私の考える理想の施術となります。 今回は少し真面目に書いてみました。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2022年04月29日

ゴールデンウィーク

本日からゴールデンウィークが始まりました。あいにくの雨ですが、コロナ禍が始まって以来の2年ぶりの制限なしのゴールデンウィークのため旅行に出掛ける方も多いそうです。オーストラリア観光協会のコピーではありませんが、縮こまった心と身体を思いっきり伸ばしてください。   ゴールデンウィーク中、当店「らくぅ~」は休まず営業していますので。特にお出掛けにならない方は「らくぅ~」にて凝り固まった心と身体を思いっきりほぐして頂ければと思います。   ゴールデンウィーク中は休まず営業する代わりに5/9~6/7の1ヶ月間お休みを頂きます。というのもキム院長が久しぶりに韓国に里帰りするためです。コロナのため3年間程は韓国に帰れずにおり、お母さんももう若くないため思い切って今回は帰ることにしました。韓国での待機期間と日本に帰ってからの待機期間を考慮すると1ヶ月間休む必要があります。お客様には何かとご迷惑を掛けますが、6/8からまたよろしくお願いします。   さて、私はゴールデンウィークの後半は久しぶりに本部のびわきゅう研修会に参加するため、九州の大分に行ってきます。コロナのため2月、3月、4月の研修会は中止となったので本当に久しぶりです。毎年9月に上級試験が行われるのですが、私は来年の9月に受けるつもりでします。しかし受験資格は計25回の研修を受けないと得られません。このペースでは来年9月まで受験資格を得られるか微妙なところです。   今更ながら、独裁国家である中国から世界中に広まったコロナによりどれだけ多くの人の生命が奪われ人生が壊されてきたのか、またロシアによるウクライナへの侵略戦争でウクライナ人の生命と人生を奪われてきたのかを考えると自由主義陣営の我々は目先の経済的利益を捨てても新たな冷戦に向かう覚悟が必要であると思う今日この頃です。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2022年03月31日

対照的な体格のお客さん

先週、腰痛の方がクイックコースで来店されました。 若くて細めの男性でマッサージや整体は初めてとのことです。 初めてということでソフトにいこうと決めて施術に入りました。 予想はしていましたが、ソフトな施術でも痛がります。 しかし強揉みしなくても深部のコリまでほぐせているのを感じます。 身体が細い人は耐久力がないので、コリが酷くなる前に我慢できずに来てくれます。 逆に骨太でがっしりした体格の人は耐久力があるため、コリがかなり酷くなってから来る傾向にあります。そのため、強揉みしても表層のコリしかほぐせません。 施術後、上記のような説明をして辛くなったらまた来てくださいと言って送り出しました。   面白いもので2日後、対照的な体格の初めてのお客さんが来店されました。 こちらは骨太でがっしりしており年に1~2度ギックリ腰になるとのことです。 マッサージ・整体にも月に1回は通っているとのことです。 少し痛がりでしたが、強揉みしなくては凝り固まった筋肉はほぐれません。 終了後の感想は「施術中は痛かったけど楽になった」とのこと。 2日前と同様の説明をしてから「あなたの場合は我慢できなくなってからくるとまた表面のコリしかほぐせない。辛くなり始めたタイミングで来てくれればより深部のコリをほぐせる。そうして深層筋のコリを少しづつほぐしていきたい」旨を伝えて送り出しました。   腰痛で苦しんでいる対照的な体格の初めてのお客さんが来店された週でした。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2022年02月28日

久しぶりのうれしい出来事

まだ空気は冷たいですが、日差しは春を感じさせる今日この頃です。 そんな中、私は日毎に花粉症の辛さをより強く感じております。 コロナのオミクロン株がピークを越えたようですが、まん延防止が10都道府県で延長されるようです。 1月に続き2月の九州本部でのびわきゅう研修会は中止になることでしょう。残念なことです。   さて、新宿の学院で2年程前からクボタ式整体を習っている生徒さんが先日卒業しました。 その方は縁あって久保田先生と知り合い、意を決して習いに来ました。 その間、コロナ禍もあり長年勤めていたお店を辞めることとなりましたが、新しい職場を見つけて週1回通い続けました。 授業料も一括払いはできないということでしたので、特別に月謝性となりました。 当初の約束を守り2年間毎月約束した金額を納め続けてくれました。 正直に言いますと私は途中で来なくなるのではないかと思っていましたが、嬉しいことに私の予想は外れてくれました。 技術的には2年前より格段に良くなったとは言え、まだまだクボタ式整体と呼べるレベルではありません。 これからは、会員として整体道場に通って更に技術を磨いてほしいと思います。   久しぶりのうれしい出来事で、私も1年半後のびわきゅう上級試験を目指して頑張ろうと思った次第です。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B