ブログ

$logo_alt
2021年08月31日

びわきゅう研修会

各地で緊急事態宣言が発令されています。 政府はとにかく人流抑制をしてコロナ感染者数を減らそうとしています。 一方、ワクチン接種は確実に進んでいます。 ワクチン接種が進めば、感染者数、重症者数、死亡者数が減少していくはずが・・・ 東京の感染者数は減り始めていますが、重症者数は増加しているようです。 「ワクチンは従来株に置き換わったデルタ株にはあまり効かないのか?」「ワクチン自体の効果の持続性が短いのか?」政府から何らかの説明があってもよさそうに思いますが、緊急事態を延長するような話ししか聞こえてきません。   10月に大分県の本部の研修センターで行われるびわきゅう研修会への参加を予定していますが、また中止になる可能性も大いにあります。 実は6月に参加する予定でしたがコロナにより中止となり、今回は2度目となります。 ワクチン接種も進み、秋には大丈夫との見通しを立て夏季休暇をずらし、航空券も手配済です。 どうなるかわかりませんが、お店は10月6日から12日までお休みを頂く予定となっております。 研修会が中止となったら営業となるかもしれませんので、ホームページをチェックしてください。 感染者数が減り10月のびわきゅう研修会が開催できることを祈るのみです。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2021年07月31日

日々の暮らしに新しい楽しみを!

いよいよ東京オリンピックが始まりました。 日本の金メダルラッシュには驚かされます。国別の金メダル獲得数も3日間も1番を維持しとても大満足です。 お蔭でオリンピックの楽しみが倍増です。   オリンピックの日本選手の活躍のほかに私にとってうれしいことが最近ありました。それは、近所の美味しいパン屋さん「ベーカリー三日月」の発見です。 実は、開店当初にクロワッサン(三日月)が好きな私は店の名前に引かれ買って食べたことがありました。 その時は焼き過ぎ感があり、最近まで再び足を運ぶことはありませんでした。   毎朝、食パンを食べるため定期的にパン屋さんに行くのですが、その時に菓子パンを購入して食べたりします。しかし食パン、菓子パン共に満足できる味になかなか出会えません。 先日、久しぶりに「ベーカリー三日月」さんに寄って食パンを購入してみました。ついでにいくつかの菓子パンも買って食べてみたところ食パンも菓子パンもとても美味しいではありませんか。   次に食パンを買いに行った時は、調理パンとクロワッサンを試しに買って食べてみました。 すると調理パンもクロワッサンもとても美味しいではありませんか。 ふとあることを思い出しました。以前、トルコレストランの開店日に食べたところあまり美味しく感じなかったのですが、開店から日が経つにつれ段々と美味しくなっていくのです。 思うに、開店当初はまだ新しい器具に慣れていなく持っている実力を十分に発揮できていなかったのでしょう。 今回も開店当初のまだ新しいパン焼き機に慣れていない時に焼いたクロワッサンを食べてしまったためではなかったかと。 我々も他店で施術する場合、その店の施術ベッドに慣れるまで暫く時間が掛かるのと同様なのでしょう。   兎も角、お気に入りのパン屋さんが見つかって日々の暮らしに楽しみが増えました。 当店「整体 らくぅ~。」が「日々の暮らしに新しい楽しみが見つかった」と思われるよう、私も日々精進して施術技術を磨いていきたいと思います。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2021年06月30日

整体師への道(2)

少し間が空きましたが、3月31日のブログ「整体師への道(1)」の続きとなります。 前回は、久保田理事長の下で整体を本格的に習い始めようと決心する経緯を書きました。当時、当協会(一般社団法人 整体施術師協会)はまだ設立されていなく前身である身体調整学院への入学でした。   学院に通う前、金院長からは久保田理事長はとても厳しいとの話しを聞かされました。行ってからビックリすることがないようにとの思いからでしょうか、こういう事があった、ああいう事があったと事細かに話しをします。 私はそんな事よりも、ITの仕事をセーブして整体の仕事に少し専念できるように、お店「らく~。」の客数の伸びと貯蓄額を見ながら計画を立てておくことの方が重要です。金院長が言うには一人前になるには3~5年ぐらいかかるとのこと。ちょうどITの仕事は一つの現場に区切りがついていたので、すぐに次の仕事を探さずに腰を据えて整体の修行をすることに決めました。学院には週2~3回(1回は半日程度)通うようにしてあとは「らくぅ~。」で金院長のサポートをしながら整体の勉強を始めました。   私が学院に通い始めた時、今も協会の整体道場で練習し合っているI氏が少し前のタイミングで入学、それともう一人の女性の生徒さんがいました。長いことお付き合いができるI氏と出会えていっしょに学べたことは幸運でした。 まず、教科書は学院作成の「基礎編」と「上級編」の2冊、その他に市販の経絡・経穴に関する本と人体解剖学図の本を渡されました。市販の本で勉強する時間は特に設けないので、自分で目を通しておくようにとのこと。最初に最低限必要となる整体で使用する手の各部分の用語を説明するとすぐに実践的な授業が始まりました。ちなみに親指は母指(ぼし)と言いますが、ここでは親指という一般的な用語を使用します。   初めに、強揉みをしても指を痛めない方法からです。座って自分の太ももに手を置き親指を押しながら回していきます。その時、親指に体重を掛けて親指の関節は固定して肩から腕全体を動かすようにします。肩全体を動かすことで肩の動きから連動して手、親指が動いて揉むイメージとなります。 私の手は大きくなく指は細くて決してこの職業、整体向きではありません。ITの仕事ではキーボードを叩いているだけです。しかし子供の頃は器用貧乏と言われたこともあり、普通より器用な方なのですぐに要領を掴むことができました。一方、I氏はタクシー運転手でハンドルを軽く握っているだけにも関わらず、骨太でがっしりした手で指の太さは私の2倍近くはありそうです。久保田理事長がお客さんだったI氏の手を見て整体を習ってみないかと声を掛けたのも頷けます。しかし「神は二物を与えず」との言葉があるように手先はあまり器用な方ではないようです。どうしても親指の関節が動いてしまいます。それを見て久保田理事長が注意して見本を見せます。I氏が繰り返し練習しますが直りません。その遣り取りを何度か繰り返していくうちに久保田理事長がヒートアップして「指をこねくり回すな!」と強い口調となっていきます。最後には「家で練習しろ!」との言葉。   どうやら久保田理事長は少し短気なようです。良く言えば熱血漢でしょうか。子供の頃のスポーツ漫画の指導者像を思い出させます。漫画の世界では、そうした指導が実り最後は勝利を掴むといったストーリーが定番です。金院長の「久保田先生の下で1年間修業すれば、みんな上手くなる」との言葉を思い出し、私も何とか1年である程度のレベルに達することが出来るよう努力するのみと思いました。   基本の身体の並び替え、触診、推拿(すいな)を教わった後は必ずしも教科書の順番通りに教える訳ではありません。少しでも早くお客さんを施術できるように、うつ伏せでの下肢・足底部施術、仰向けでの下肢・上腕施術を優先して学びます。というのもお客さんの多くは首・肩・背中・腰といったところのコリが辛くて来店されます。そのため、その部分は理事長がしっかり施術するようにして、最初のうつ伏せでの下肢・足底部施術、最後の仰向けでの下肢・上腕施術を生徒に任せます。できるだけお客さんに触れる機会を設けて早く一人前の整体師としてやっていけるようにとの思いからです。 生徒同士での練習、理事長を練習台にしての施術を通して理事長が「これならお客さんを触らせることができる」と判断をすると、お客さんに対してうつ伏せでの下肢・足底部と仰向けでの下肢・上腕部分を施術させてもらえます。まさにOJT(On The Job Training)でとても実践的です。   何事も習い始めというのは楽しいものです。私も久しぶりに新しい事に挑戦する高揚感を味わいながら新宿の学院に通い始めたのでした。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2021年05月31日

1ヶ月間の休業

前回のブログで触れました4/26~5/11の休業予定が、結局4/26~5/25と1ヶ月間の休業となってしまいました。 予約をして頂いていたお客様、ご迷惑を掛け大変申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫び申し上げます。   当初の見通しが甘く、金院長が手術後2週間では施術できるレベルまで回復をしなかったためです。3週間後から積極的に外出して弱った足腰を慣らして1ヶ月後にお店を再開しました。この1週間は念のため人数と営業時間を制限しながらの営業としましたが、明後日の6/2からは通常営業となります。引き続き当店「らくぅ~。」をよろしくお願い申し上げます。   巷ではコロナによる緊急事態宣言の再度の延長が話題となっていますが、死亡率の高い高齢者へのワクチン接種が行き渡れば緊急事態宣言も徐々に緩和されるかと思います。この1年間、政府が本来すべきである入国者への厳格な2週間隔離、医療体制の強化等、やるべき時にやるべき事をしないで最後に国民にその付けを払わせる、もういい加減にしてもらいたいものです。   休業期間に「百田尚樹の新・相対性理論 人生を変える時間論」(新潮社)を読んだこともあり、そうした政治家を反面教師としてすべき事を後回しにせず、するべき時にするべき事をして1日1日を大切に生きていこうと思う今日この頃です。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B

$logo_alt
2021年04月30日

無煙もぐさ

現在はゴールデンウィーク真っ只中です。 当店「らくぅ~。」は、4/26~5/11までお休みを頂いております。 東京都で緊急事態宣言が出されている中、何故そんなに長期間休むのかと疑問でしょう。 金院長が久しぶりに韓国に一時帰国する訳ではありません。 金院長が1週間入院します。そして退院後は1週間程自宅療養するためです。 具体的なことは差し控えますが、経験者からは手術後暫くはとてつもなく痛いとのこと。 他国と比べてこれに苦しむ日本人の割合は高いそうです。   さて、びわきゅうに関して朗報があります。 それは無煙もぐさの提供が始まったことです。 びわきゅう器具を温めるのに、従来のもぐさは煙とにおいが半端なく出ます。 そのため、当店でもびわきゅうをする時は専用の部屋と強力な空気清浄機が欠かせません。 自宅でやっている人の話しを聞きますと窓を全開にしてする、お風呂場でする等、皆さん苦労してらっしゃいます。 無煙もぐさはもぐさを炭化したもので、従来のもぐさに比べると煙りとにおいはほとんどありません。 窓を閉め切ってびわきゅうをしても気にならないレベルです。 炭なので温まるまで少し時間が必要ですが、一度温まってしまえば問題ありません。 炭の遠赤外線効果によるものでしょうか、普通のもぐさより身体の芯まで温まる感じがします。   煙とにおいがなくなることによって、一般の人たちがびわきゅうに親しみ易くなるだけでなく我々施術者の活動の場も広がるようになると思います。 整体院または整骨院にて、現状の設備のままでびわきゅうをすることができます。 私もこれを機にびわきゅうの研修会に参加して認定証を取得しようかと思い始めたところです。 コロナが収まり、びわきゅう研修会が再開されることを祈るばかりです。     整体 らくぅ〜。 住所 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1-1-12 アクセス 草加駅より徒歩5分 TEL 048-999-5454 営業時間 11:00〜20:00(最終受付19:00) 定休日 月曜日・火曜日 当院ホームページ http://lakuu.jp 当院facebook http://bit.ly/1ZwBZ0B